インスペクション

インスペクション

調査・検査・視察・査察などの意味を持つ英単語。

住宅業界では住宅の設計・施工に詳しい専門家が、住宅の劣化状況、欠陥の有無などを診断する。

比較的短時間で可能な範囲で行う「一次診断」。病院に例えるなら「健康診断」。外壁や基礎に不具合の兆候は見られないか、室内に雨漏りの形跡はないかなどを目視で確認し、建物のコンディションをご依頼者さまにご説明するものです。



インスペクションの主な対象部位(戸建て住宅の場合)


【構造耐力上の安全性に問題のある可能性が高いもの】
基礎、小屋組、柱、壁、梁、床、床組、土台



【雨漏り、水漏れが発生している、または発生する可能性が高いもの】
屋根、外壁、屋外に面したサッシ等、小屋組、天井、内壁


【設備配管に日常生活上支障のある劣化等が生じているもの】
給水管、給湯管、排水管、換気ダクト



国が指定した講習を受けた建築士に
「既存住宅状況調査技術者」という資格が与えられ、
インスペクターとも呼ばれています。



建物の状態が分かれば、安心して不動産売買取引ができるので
気になる方は一度、依頼してみるのもいいですね。


京都市 山科区 小野 椥辻 東野 の不動産 なら 株式会社BEA(ベア)へ
ページの先頭へ