中抜き

中抜き

この行為は、一般媒介契約であれば
売主は複数の不動産業者と媒介契約を結んで良いので、そこまで大きな問題になりません。

しかし、1社としか媒介契約を結んではいけない
専任媒介契約・専属専任媒介契約の場合は話が違います。



ある依頼者(売主・買主・貸主・借主)が
ある宅地建物取引業者との間で
媒介契約または代理契約を締結しているにも関わらず
他の宅地建物取引業者がその依頼者を誘引して
媒介契約または代理契約を締結すること。


仲介手数料の値下げ競争が不動産業者の間でおこったことにより
媒介契約をかわした当事者が、より手数料の安い不動産会社へ移行する。
「A社よりも手数料が安いのでうちから買いませんか?」など。



中抜きと言っても色んなパターンがあります。





売主と買主が結託
宅地建物取引業者へ支払う手数料が惜しくなり
売主と買主が直接売買。





売主と買主、不動産営業が結託
会社を通さなければ売主と買主が支払うはずだった手数料が
全て自分の元に入る。
売主と買主からすれば、支払う金額が下がれば当然お得。
上手く不動産営業に乗せられてしまう場合もある。






注意するべき業者は「抜き」をしてくる不動産業者です。


このような不動産業者は査定をして媒介契約を結んだ後
別の不動産業社に依頼したにも関わらず、アプローチをかけてきます。

この行為は不動産業界のルールにも反しますし
売主自身もルール違反を犯してしまう可能性もあるので注意しましょう。




京都市 山科区 小野 椥辻 東野 の不動産 なら 株式会社BEA(ベア)へ
ページの先頭へ