両手

両手

まず初めに両手や片手の「手」は、手数料の手を表します。



不動産取引を
媒介(仲介)としたときの宅地建物取引業者の
成功報酬の受取り方をいいます。




★片手


片手とは片方から頂ける手数料のことです。


A不動産業者が売主から売却依頼を受けて
B不動産会社が買主を見つけてきて売買契約したとします。
この場合、A不動産会社(元付業者)は、売主片方から仲介手数料をいただけます。
B不動産会社(客付業者という)は、買主片方から手数料をいただけます。



売主(3%+6万円)→ 不動産業者A

買主(3%+6万円)→ 不動産業者B





★両手



両手(りょうて)とは、両手仲介とも呼ばれる不動産仲介取引のこと。
売主、買主の両方から仲介手数料を受け取ること。

仲介業者が売主・買主の両方を見つけてきた場合
両方から手数料を得ることができるため両手と呼ばれます。



報酬として受け取れる仲介手数料には上限が定められており
400万円を超える取引の場合には
物件価格の3%+6万円が上限となっています。


但し、両手仲介の場合には売主・買主の両方から手数料を得ることができるので、
倍の仲介手数料を得ることができるようになっています。



売主(3%+6万円)→ 不動産業者A ← (3%+6万円)買主



京都市 山科区 小野 椥辻 東野 の 不動産 なら 株式会社BEA(ベア)へ
ページの先頭へ