再建築不可物件

再建築不可物件

★再建築不可物件となる主な理由


・前面道路が、建築基準法道路として認められていない
・前面道路が建築基準法道路として認められているものの、接道幅員が2m未満




建築基準法で認められている道路とは幅4m以上です。
再建築不可物件は、こうした道路に面していても
道路に接する接道の幅員が2m以上なく
「接道義務」を満たしていないことが理由として挙げられます。






★デメリット


・地震や家事で崩壊しても再建築できない
・ 住宅ローンが利用できない
・土地としての価値がない







★再建築不可物件を購入するメリット


・購入価格が安い
・安い分メンテナンスに費用をかけられる
・固定資産税が安い


一番のメリットは、安く購入できることです。
再建築不可物件は、古くからある不動産物件であることが多く
ほとんどの場合メンテナンスが必要。
購入費用を抑えることができれば
リフォームやメンテナンスに、お金をかけることができ
物件価値を高める為に、費用を使えることは不動産投資をするメリットと言えます。





納得したうえでマイホーム購入が出来るよう
お手伝いさせていただきます!!







京都市 山科区 小野 椥辻 東野 の 不動産 なら 株式会社BEA(ベア)へ
ページの先頭へ