賃料増額請求

賃料増額請求

昔に賃貸契約を結び、賃料をそのままにしてある物件の場合
気がついたら周囲の同じような物件と
比べると格安で契約していると気づく場合があります。

また、それまではのどかな郊外住宅地だったのが
駅前の再開発でタワーマンションが建ちそれに伴って
地価が上昇、さらに賃料の相場も急上昇という場合もあります。




こうした状況に気づいたオーナーが賃料の値上げを請求することを
「賃料の増額請求」と言います。


実はこの賃料の増額請求は、賃借人に有利になっていると言われている
現在の借地借家法でも認められた行為なのです。





つまり、以前取り決めた賃料が経済状況の変化などにより
周囲の賃料と比較すると不適当である場合には
オーナーによる賃料の増減を認めています。

これを賃料増減額請求権と言います。
そして判例により、賃料増額請求の意思表示が賃借人に示された日から
賃料をあげることができるとされています。



賃料の増額請求は
借地借家法によっても認められているオーナーの権利です。
ですが、認められた権利とはいえ、実行することは簡単ではありません。
どのように通知をすればいいのか
また交渉などについて、慣れていないオーナーが対応することはストレスがたまります。


ご自身が我慢ばかりせず、それでいて賃借人との良い関係を続けるためにも
法律の専門家である弁護士に依頼をして
気持ちよく増額請求をすることをお勧めします。










京都市 山科区 小野 椥辻 東野 の 不動産 なら 株式会社BEA(ベア)へ
ページの先頭へ