公簿取引と実測取引の違いは?

公簿取引と実測取引の違いは?

不動産取引には『公簿取引』と『実測取引』の2種類があります。



公簿取引とは登記簿上に記載された土地面積を基準に、
売買価格を決めて取引し、その後、実測によって面積に違いが生じても
売買価格は増減しない取引です。



実測取引とは実測によって土地面積を確定し、予め定めた単価で
売買価格を割り出す取引です。


どちらの場合も、その旨を売買契約書に明記します。






京都市 山科区 小野 椥辻 東野 の 不動産 なら 株式会社BEA(ベア)へ
ページの先頭へ