中間省略登記

中間省略登記

例:A ⇒ B ⇒ C という様な順次売買があった際
Bが不動産業者、Cが最終的な買主が決まってる場合
Bとしては A ⇒ B、B ⇒ C という様に登記名義をいったんBにしてからC名義に変更するとなると
中間者であるBにとっては最初から転売目的であるのに
Bに対して不動産取得税、司法書士報酬、登録免許税がかかってしまう。

そのため、旧不動産登記法のもとではこの司法書士報酬、登録免許税を削減するべく
A ⇒ B、B ⇒ C といった物権変動があったにも関わらず
A ⇒ C という登記申請が、法の不備をついて、事実上広くなされてきました。
これが中間省略登記です。


ABCの三者が関与する売買のケースでAからCへの直接の移転登記を可能にする方法。
Bは、登録免許税・不動産取得税を負担する必要がないというメリットがあり、
AとCはお互いの実際の売買金額を知る術がないというデメリットがあります。


→【不動産を正直に】ブログ「中間省略登記とは?」
→【よくある質問】「登録免許税」とは?
→【よくある質問】「不動産取得税」とは?


京都市 山科区 小野 椥辻 東野 の不動産 なら 株式会社BEA(ベア)へ
ページの先頭へ