売却先行型

売却先行型

⭐売却先行型




・デメリット


売却先行型のデメリットとしては
現在の住まいの売却を先におこなうため
売却物件の引渡し日までに、
買い替え先の住まいを探す必要があることです。

そのため売却物件の引渡し日までに
買い替え先の住まいが見つからない場合や
建築中などで新居への転居ができない場合には
売却物件の引渡し後、

一旦仮住まいをしなければならず
余分な引っ越しの手間や仮住まいの家賃がかかってしまうことがあります。


売却物件の引渡しのタイミングに合わせることを優先し
新居の購入を急いでしまい
ご希望条件を大幅に妥協してしまうことも考えられますので、注意が必要です。





・メリット


今の住まいを先に売却するメリットとしては
買い替えの資金計画を立てやすいことがあげられます。


先に売却手続きを完了できれば
その売却代金を購入資金に充当することができる。

そのため、買い替え先の住宅ローンの融資金額や必要経費など
資金計画を購入前に明確にすることができます。


また、購入先をまだ決めていないため
「いつまでに売らないといけない」と売却を急ぐ必要がありませんので
売却価格やその他の条件面についても妥協することなく
余裕を持って売却活動を進めることができるでしょう。






京都市 山科区 小野 椥辻 東野 の 不動産 なら 株式会社BEA(ベア)へ
ページの先頭へ