購入先行型

購入先行型

⭐購入先行型




・デメリット


購入先行型のデメリットとして特に気をつけたいのが
現在のお住まいの売却資金を買い替え先の購入資金に充当する計画の場合です。

その場合、購入物件の残金決済日までに
現在の住まいの売却手続きを完了させる必要があります。


また、そのような場合には、
売却金額が確定していないため、購入物件の資金計画が立て難い
ということも考慮しなければなりません。

さらに、現在のお住まいの売却資金を
購入資金に充当しないケースでも
売却をおこなう物件に住宅ローンの残債がある場合には
住宅ローンの支払いが二重になってしまうことも
想定しておかなければなりません。




・メリット


住まいの購入を先に行うメリットとしては
住まいの買い替えをおこなうご事情に比較的余裕がある場合には
いつまでに新居を決めなければならないという制約がないため
納得がいくまでご希望条件にて購入先をじっくりと探せることです。

また、先に住まいを購入できれば
現在の住まいからすぐに新居へ引っ越すことができるため、
転居の手間は最小限で済みます。










京都市 山科区 小野 椥辻 東野 の 不動産 なら 株式会社BEA(ベア)へ
ページの先頭へ