既存不適格

既存不適格

当初は適法だったものが、その後建築基準法などの法律の改正などにより
現在では適法ではないことをいい
既存不適格の物件を既存不適格建築物(既存不適格物件)といいます。

建築基準法は、
建築技術の進歩などにより改正される頻度の高い法律です。


したがって、建物が建築された当時の法律の基準に適合していたものの
その後法改正および用途地域の変更などにより
現在の法律の基準に適合しなくなった建物が既存不適格建物です。
ページの先頭へ