マイホーム共有名義

マイホーム共有名義

マイホームをご夫婦の共有名義にして
実際の資金の負担割合と同じ割合で共有持分を決め
「共有登記」をすることが原則です。



ご夫婦のどちらかが購入資金を全額負担した場合でも
持分を半分ずつにして登記することは可能です。


ただし、住宅購入資金の負担と異なる割合で持分を登記してしまうと
税務署からはご夫婦間の贈与とみなされて
贈与税をかけられてしまうことがあります。


(注意)
親などから住宅購入資金の援助を受ける場合

ご主人が親から受けた場合は「ご主人がもらったお金」
奥様が親から受けた場合は「奥様がもらったお金」 として
分けてそれぞれの負担金額を計算しなければなりません。
ページの先頭へ