建物構造の種類

建物構造の種類

・RC(鉄筋コンクリート)
・S(鉄骨)
・SRC(鉄骨鉄筋コンクリート)



☆マンションで最も多い
☆鉄筋コンクリート RC造(Reinforced Concrete)

柱や梁などの主要構造部に鉄筋の入ったコンクリートを用いたものをいいます。
圧縮力に強いコンクリートと、引張力に強い鉄筋を組み合わせているため
耐久性、耐震性、耐火性、遮音性に優れています。
重量が比較的重いため、中高層の建物に多く見られる構造です。




☆鉄骨造 S造(Steel)

S造・鉄骨造(以下、S造)とは、柱や梁など骨組に鉄骨を使用した構造のこと。Sはスチールの略です。木造の柱がそのまま鉄になったものをイメージするとわかりやすいと思います。一口に鉄とは言え、人工的に強度を高めたものを使用しているのが特徴です。



☆鉄骨鉄筋コンクリート SRC造(Steel Reinforced Concrete)


SRC造は鉄骨の柱の周りに鉄筋を組み鉄筋を組んだ枠の中にコンクリートを流し込んで固めたものを、
更にコンクリートで補強した構造のこと。
大型マンションやビルなど大規模な物件の場合、SRC造の工法が多く使われています。
鉄骨を使わないRC造よりも耐久性が高い構造といえるでしょう。
熱に弱い鉄骨をコンクリートで包み、さらに揺れに弱いコンクリートを鉄筋で補強することにより
非常に高い防音性・耐震性・耐火性・耐久性を持ちます。
建物構造の中で1番建設コストが高いうえ
性能がかなり優れている構造なので、家賃も高くなります。


京都市 山科区 小野 椥辻 東野 の不動産 なら 株式会社BEA(ベア)へ
ページの先頭へ