築古戸建て

最近の投稿

カテゴリ

アーカイブ

2020年09月21日

築古戸建て



 


建物が古いから、売るためにリフォームが必要?
土地として売るなら、解体した方が良いの?


建物が古くても、多くの場合は売却が可能です!

築年数が経った建物を売却する場合
まず、確認しないといけないのが建物の状態です。
 
現状のまま使えるのか?
リフォームをすれば使用可能か?をチェックしてみましょう。


建物が使用できるのであれば、
「中古戸建」
という扱いで販売活動を行うことができます。

一方、建物の状態が悪く
リフォームするにしても費用が相当かかってしまうような場合には、
「売地」として、建物は残したままですが
建物自体の価値はないものとして扱うことにな
ります。

この場合、広告上は「古家あり」といった表現にして
「この土地には建物が建っている」ということを明示します。

つまり、建物を解体し更地にしなくても
 売却活動をスタートすることができます!



物件によっては、古くても「中古戸建」として販売活動をスタートし
市場の反響状況をみて柔軟に対応していく方法もあります。

最近では、古い建物の雰囲気を好み
購入後に耐震工事や内装のリノベーションをして
元の建物を活かすことを希望される買主様も増えてきています。



購入価格が安いので、
その分リノベーションなどの改修に資金を回すことができるのです。

リノベーションを前提に購入する人は、
購入時の建物の築年数よりも、立地や広さが大切。

こうしたニーズもあることから
年々築古の戸建て住宅は需要が増えているのです。





是非お気軽にご連絡ください(●^o^●) 
無料査定をさせていただき一緒に考えていきましょう♪ 
 
 
 









京都市 山科区 小野 椥辻 東野 の 不動産 なら 株式会社BEA(ベア)へ
 
 
ページの先頭へ