中古物件でも売れやすい季節がある!?

2021年01月08日

中古物件でも売れやすい季節がある!?



 
 
戸建て物件を売却する際は、
買い手がつきやすい時期を見極めることも重要なポイントです。
季節や築年数によって売れやすさや価値が変わります。


 
⭐戸建て売却に適した時期・季節編


戸建て売却にもっとも適した時期は、春頃と言えるでしょう。

2月と3月あたりの時期は、不動産業界がもっとも忙しい時期です。
「新学期」「新年度」による転勤や子どもの通学など、
様々な理由で引っ越しを検討する人が多くなるためです。

不動産を買う人は、多くが「住まい」の用途を目的としています。
よって、引っ越しが多くなる2月・3月の時期は不動産の売買が増えるのです。
新学期や新年度の時期は、
物件を「購入しなければならない」大きな転機にあたるのでしょう。

大手検索サイトでは、「中古マンション」の検索数が
1月から2月前半にかけて集中するというデータもあります。
これは、年明け1月頃から不動産を探す人が増え始めることを意味します。


不動産は大きな買い物ですから、
多くの人がより良い条件の物件を求めてギリギリまで待つ傾向があります。
購入には時間もかかるため、その後の春頃がピークとなるのでしょう。

もちろん、地域差も関係します。
転勤族が多い地域や、子どもの教育に良いと言われる地域などは、
不動産売買が盛んな傾向にあります。
都会と田舎で比較した場合は、そもそも物件と人の多さが違いますから、
売買の件数だけを見ても参考にはならないかもしれません。



⭐戸建て物件の売却に適した時期 築年数編


戸建ての建物価値は、築年数20年で「0」と評価されます。
新築のときを100とすると、20年かけて評価が下がっていくのです。

また、築年数が20年経過した物件は、住宅ローン特別控除がなくなります。
控除額は数万円~数十万円と金額が大きいため、
物件の購入をためらう可能性もあります。



🔻買い手がつきやすいのは15年前後

戸建ての価値を維持し、少しでも高く売るのであれば
10年未満の売却が理想です。

しかし15年前後までの期間であれば、
価格は下がるものの買い手がつきやすいと言えます。
より早く売りたい、価値をできるだけ下げずに売りたい場合は
10年~15年の間で売却
することをおすすめします。


戸建てを売却する際、売り手側にとってもっとも心配なのが、
買い手が現れるかどうかです。
早く売りたい理由がある場合、なおさら気になると思います。

売却の際は、築年数に加え売りに出す季節も意識する必要があるので
不動産のプロに相談するなどして、最適な売却時期を見極めましょう!!







京都市 山科区 の 不動産 なら 家売るくま BEA(ベア)

ページの先頭へ