中古マンションへの住み替え

2021年02月26日

中古マンションへの住み替え






⭐中古マンションのメリット 
 

今回は住み替えということで、
中古マンションの良さについてご紹介していきます( ^^)

 
住み替えるとなれば、できることなら設備が新しい新築のマンション!
と、考える方が多いと思いますが、
さまざまな理由から中古マンションを選択する方も😳✨
 
誰も住んだことがない、完成したばかりの新築物件は魅力的ですが、
現在では、中古マンションの人気も高まっています。
 
どのようなメリットがあるのか??
 



🔻新築マンションより格安
 
中古マンションの一番の魅力と言えば、なんと言っても、
新築マンションよりも格安で購入できるという点です。

先々の支払いを考慮すると、新築マンション購入は難しい場合でも、
中古であれば手が届く価格である場合があります。

新築物件に比べて物件数が多いので、
立地条件や間取りなど、希望に近い物件が見つかる可能性も高くなります。



🔻実際の物件や周辺環境が見れる
 
新築マンションの場合は、気になる物件が見つかったら、
まずはモデルルームを見学することになります。
 
間取り、周辺環境などは確認できますが、あくまでもモデルルームなので、
実際に住むことになる部屋とは、さまざまな条件が異なることがあります。

対して中古マンションであれば、
実際の物件を見て、日当たりや採光はどうかなどもチェックできます。
そのため、購入後に「こんなはずではなかった」ということにならずに済みます。

 

🔻自分好みにリフォームできる

中古マンションを購入し、
設備や壁紙などを自分の好みに合わせ、リフォームする人も増えています。
新築の場合は、始めから全てが真新しくて気持ちの良いものですが、
色合いやデザインなど好みでなかったとしても、そのまま住むことになります。

中古なら、マンションの購入費用も割安なので、
その分をカスタマイズ費用に充てられます。

壁紙やフローリング、余裕があればキッチンなどの水回りまで
自分好みに変えられることもメリットと言えるでしょう。



🔻資産価値が急落する心配がない
 
マンションの資産価値というのは、
新築時から急激に下落しますが購入直後に、10~30%下がると言われています。
その後、15~20年で下落率は緩やかになり、価格はほぼ横ばいに。

つまり、中古マンションは購入時と比べても
それほど資産価値が急落する恐れはないので、損をしにくいと言えます。



 
中古マンションと言っても、高価な買い物であることは間違いありません。
あとでこんなはずではなかったと後悔しないよう、
選ぶ際に押さえておくべきポイントを確認しておきます。


 
①立地が良い
②耐震性を確認
③管理が行き届いている
④建物の状態築年数
⑤リフォーム前(もしくは直後)の物件である

 

⑥修繕計画について問題がないか確認

マンションに住むとなると、さまざまな管理費がかかります。
中でも修繕積立金は、将来的に修繕工事に必要となる金額を
マンションの所有者で積み立てていくものです。
 
毎月定額を積み立てる方法と、所定の時期にまとまった金額を払う方法があります。
万が一、大規模な工事が必要となった時のために
必要な費用を満たせる金額である必要があります。
したがって、中古マンション選びの際には、
修繕計画について問題がないかをチェックすることも重要です。
 
その場合、マンションの管理人や管理組合に
「長期修繕計画書」を開示してもらい、しっかり確認しましょう。



賃貸の方、今お住まいの自宅を売却したい
新居選びの際には、是非ご相談ください(*^^*) 
 


 

京都市 山科区 の 不動産 なら 家売るくま BEAへ!

ページの先頭へ