IT重要事項説明とは??

2021年04月04日

IT重要事項説明とは??




2021年4月から本格運用される不動産売買について、
少しお話していきたい思います(^^)
 



⭐IT重要事項説明とは?
 
IT重説は、IT重要事項説明の略称で、
PCやタブレット、スマートフォンなどのIT機器を用いた重要事項説明を指します。

 

⭐そもそも「重説」は、どういう意味?
  
「重説」とは、「重要事項説明」の略称です。
宅地建物取引業者が不動産の売買や賃貸契約の締結に先立ち、
物件の買主や借主に対して、宅地建物取引業法第35条にもとづいて
重要な事項を説明することを指します。

つまり重要事項説明とは、
「不動産契約にあたり借主が物件の質や機能、
 契約上のルールに関する大切なポイントについて説明を受けること」です。

重要事項説明を受けることは法律で決まっているため、
入居希望者は、契約を締結する前に
宅地建物取引業者から必ず説明を受ける必要があります。



⭐必要なもの
 
IT重要事項説明で必要になるツールは主に
 「ネットワーク環境」と「Web会議システム」の2つです。



🔻ネットワーク環境

宅地建物取引業者や説明の相手が、
動画や音声をスムーズに送受信できるネットワーク環境が必要です。

ネットワーク環境が不安定だと、発話が不明瞭になったり、
内容を把握し切れなかったりするからです。
重要事項説明の間は、静止画の状態が数秒間続いたり
途中でネットワークが切れたりしない環境が求められます。


🔻Web会議システム

Web会議システムとは、
遠隔地とインターネットを通じて映像や音声でやり取りをしたり、
資料を共有したりするコミュニケーションツールです。

最近のWeb会議システムはZoomやLINE・Skypeなど、
クラウドサービスやアプリを通しての取引が一般的であるため、
インターネット回線につながっているPCやタブレット端末などのIT機器があれば、
場所を選ばずにいつでもどこでも簡単に接続ができます。

 


京都市 山科区 の 不動産 なら 家売るくま BEAへ!

ページの先頭へ