実家の空き家を相続したら、どうする?【家売るくま】BEA|京都山科

最近の投稿

カテゴリ

アーカイブ

2021年06月08日

実家の空き家を相続したら、どうする?【家売るくま】BEA|京都山科

ブログをご覧いただきありがとうございます。
 

 

今回は空き家の実家を相続したときの対処法を5つご紹介いたします。

 


まずその前に、何もしないで放置しておくと、どうなるのでしょうか。
 

 

それは2015年に施工された「空き家特別措置法」の特定空き家に認定されてしますと、固定資産税が6倍にもなります。そして、強制解体撤去される可能性もあります。
 

 

特定空き家(以下のどれかに該当した場合)
 

 

・倒壊するおそれがある

・ごみの放置などで異臭や害獣が発生している

・管理がされていないことで景観を損なっている

・周辺の生活環境を守るうえで放置が不適切である
 
 
 

  ▶▶▶▶空き家を売却するメリットや空き家と特定空き家の違い
 
 
 

放置したままだと様々な問題が生じる可能性のある空き家。

どんな対処法があるのでしょうか。

 

大きく5つの方法について簡単にまとめたいと思います。

 

 

①管理代行:地元の不動産会社に管理を依頼する・・・・・・いずれ活用方法を決める必要があり、一時的対策

 

②賃貸:リフォームすることで、第三者に貸す・・・・・・収入が入ってきますが、老朽化のメンテナンスも必要で、これも一時的対策

 

③売却:不動産会社に直接もしくは仲介で売却し、現金化

 

④住替:リフォームもしくは建替をし、住み替える

 

⑤賃貸住宅に建替:家賃収入を得られ、相続税対策が可能

 

 

このように空き家には様々な対処法がありますが、どれも各専門家に相談が必要な内容のものばかりです。

 

特に【家売るくま】BEA(ベア)では、オーナー様の様々な諸事情により、資産整理のため売却することになった土地・戸建・マンション等の不動産の査定を行っております。

 

ライフスタイルや家族構成、希望の値段、不動産と向き合うことになった人生のタイミングなど、お客様ごとにその環境は変わります。だからこそ【家売るくま】BEAは、まずお客様を知ることを大切にしています。

 

不動産売却をご希望のお客様に寄り添い、安心してお取引いただけるよう精一杯サポートいたしますので、是非一度お気軽にお問い合わせください。


 
 

京都市 山科区 の 不動産買取 不動産売却 なら 家売るくま BEA(ベア)

ページの先頭へ