【相続対策】贈与税の暦年課税制度を利用しよう!【家売るくま】BEA|京都山科

最近の投稿

カテゴリ

アーカイブ

2021年08月16日

【相続対策】贈与税の暦年課税制度を利用しよう!【家売るくま】BEA|京都山科

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

今回は相続対策の基本となる暦年贈与について、まとめたいと思います。

 

 

暦年贈与とは、贈与税の暦年課税制度のことをいいます。

通常なら10~55%の税金がかかる贈与税ですが、1月1日~12月31日に、贈与を受けた金額が110万円(基礎控除額)以下なら贈与税が非課税になるというもので、申告も不要です。



暦年贈与は、誰に対しても構わなく、介護でお世話になった人など他人でも問題ありません。


特徴として、この誰にでも贈与ができる点と毎年贈与ができるという2点挙げられます。

 

 

 

◆暦年贈与の利用法(基本)

 

 

例えとして、Zさんには子供が2人、孫が3人いた場合に、それぞれに110万円ずつ毎年贈与するのを10年間続けると、

 

110万円 × 5人 × 10年間 = 5,500万円

 

という大きな財産を移すことができ、孫への贈与に関しては、一世代飛んでいるので相続税がかかる機会を1回減らすことも可能です。

 

 

 

◆毎年贈与の落とし穴

 

 

上記の方法で注意しなければならないのは、税務署に端から5,500万円を贈与する意図があったものとみなされてしまうと、贈与の初年度に5,500万円全額に対して、贈与税を課税されてしまい、多額の税金を納めなくてはならなくなります。

 

 

◆毎年贈与の対策

 

 

・毎年の贈与のたびに、贈与契約書を作成する

 

・振込による贈与を行い、記録を残す

 

・贈与の時期や金額、財産の種類を変え、単発の贈与とする

 

 

 

 

以上のように、暦年贈与を上手く利用することが一つの相続対策に繋がりますので、是非検討してみましょう。

 




【家売るくま】BEA(ベア)では、オーナー様の様々な諸事情により、資産整理のため売却することになった土地・戸建・マンション等の不動産の仲介を行っております。

 

ライフスタイルや家族構成、希望の値段、不動産と向き合うことになった人生のタイミングなど、お客様ごとにその環境は変わります。だからこそ【家売るくま】BEAは、まずお客様を知ることを大切にしています。

 

不動産売買をご希望のお客様に寄り添い、安心してお取引いただけるよう精一杯サポートいたしますので、是非一度お気軽にお問い合わせください。 

京都市 山科区 の 不動産 なら 家売るくま BEA(ベア)

ページの先頭へ