【不動産売却×税金】土地や建物を売ったときの譲渡所得税は?【家売るくま】BEA|京都山科

最近の投稿

カテゴリ

アーカイブ

2021年09月21日

【不動産売却×税金】土地や建物を売ったときの譲渡所得税は?【家売るくま】BEA|京都山科



ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今回は土地や建物を売ったときの、税金はどうなるのかについて、まとめたいと思います。

 

個人が土地や建物を売却し、利益(譲渡益)が生じた場合には、その利益に対して所得税と住民税がかかります。
 

この課税対象となる利益のことを「譲渡所得」といいます。

 

土地や建物を売ったときの税金は、まず譲渡所得を正確に計算することから始めます。

そして売却した土地建物の所有期間の区分(5年超か5年以下か)に応じた税額計算の方法によって、実際に納める税額を計算します。

 

 

◆課税譲渡所得金額の計算式
 

 

 『譲渡価額-(所得費+譲渡費用)-特別控除=課税譲渡所得金額』
 

 

※損失が生じても土地建物の譲渡による所得以外の所得との損益通算はできません。

ただし、マイホームを売ったときは、損失を控除できる特例があります。(後日改めて記載) 
 
 
(参考:国税庁パンフレット) 



◆税率の計算
 

 

課税譲渡所得金額に税率を掛けて税額を計算します。
 

税率は、「長期譲渡所得」か「短期譲渡所得」かによって、下の表のようになります。

 

土地や建物を売った年の1月1日現在で、その土地や建物の所有期間が5年を超える場合は「長期譲渡所得」、5年以下の場合は「短期譲渡所得」になります。




(参考:国税庁パンフレット) 


【家売るくま】BEA(ベア)では、オーナー様の様々な諸事情により、資産整理のため売却することになった土地・戸建・マンション等の不動産の査定を行っております。ライフスタイルや家族構成、希望の値段、不動産と向き合うことになった人生のタイミングなど、お客様ごとにその環境は変わります。だからこそ【家売るくま】BEAは、まずお客様を知ることを大切にしています。不動産売却をご希望のお客様に寄り添い、安心してお取引いただけるよう精一杯サポートいたしますので、是非一度お気軽にお問い合わせください。 




 

京都市 山科区 の 不動産 なら 家売るくま BEA(ベア)

ページの先頭へ