【山科観光】山科区の観光スポット情報! 京都市山科区不動産売却専門店 株式会社BEA|【公式】BEA(ベア)|京都市山科区の戸建・マンション・土地の不動産情報専門サイト

【山科観光】山科区の観光スポット情報!

【毘沙門堂】
📍京都府京都市山科区安朱稲荷山町18

1665年に徳川幕府政治顧問、天海僧正が再興した問跡寺院。寝殿は後西天皇の旧殿を贈ったものと伝わる。狩野益信による襖絵は、その前を歩くと絵が動いているように見える。また、樹齢150年を超える枝垂桜や紅葉、庭園「晩翠園」など、四季それぞれに美しい名刹。勅使門を見上げる緩やかな階段が、まるで紅葉を敷いたように落ち葉で真っ赤に染まることで有名な「敷きモミジ」の見ごろは11月中旬から12月初めにかけて。
【随心院】
📍京都府京都市山科区小野御霊町35

平安の女流歌人小野小町の邸宅跡とも言われ、梅の名所として知られる門跡寺院。境内には小町が化粧をした井戸や文塚などのゆかりの史跡がある。春先には平安貴族がこよなく愛した小町梅園を眺めることができる。本尊は如意輪観音で、写経や写仏体験もできる。
【勧修寺】
📍京都府京都市山科区勧修寺仁王堂町27-6

醍醐天皇が創建した門跡寺院。
東山連峰を背景とした庭園は氷室家を中心とする池泉回遊式。この池に張った氷が宮中に献上され、氷の厚さで五穀農穣が占われたといわれている。睡蓮や花菖浦の名所でもあり、初夏には水辺が鮮やかな彩りにつつまれる。
【清水焼団地】
📍京都府京都市山科区川田清水焼団地町10-2

約50年前に東山の五条坂地区なら移設された。「京焼・清水焼」の生産団地。60ほどの特色ある工房が集積。京焼・清水焼の問屋、窯元、作家、原材料屋、指物師、碍子関係など「やきもの」に関連する業者が連なっており国内でも珍しい。毎年10月の第3金・土・日曜日には大陶器市が開催される。期間中は各線「京都駅」から臨時バスが運行されるので、この期間の訪問が特にオススメです。
【山科疎水】
📍京都市山科区四ノ宮~日ノ岡の区間

明治時代に舟運、発電、上下水、灌漑の目的で開削された、琵琶湖から京都岡崎まで通じる運河。3つあるトンネルには、伊藤博文、山縣有朋ら明治政府要人の筆による扁額(へんがく、石に刻まれた文字)が今も残されている。疏水沿いの歩道には桜が菜の花と共に満開になる。
【天智天皇 山科陵】
📍京都市山科区御陵上御廟野町

大化の改新を中巨鎌足と共に進め(この時代は中大兄皇子)
近江大津宮を築いた第38代天智天皇の陵墓。緑が気持ちよい参道脇には、天智天皇が作った日本初の時計にちなんだ日時計碑がある。
【徳林庵と山科地蔵】

📍京都府京都市山科区四ノ宮泉水町16
☏075-583-0353

東海道守護仏。仁寿二年、小野篁(たかむら)作の約3mの地蔵尊は、平安時代から続く六地蔵巡りで(毎年8月22日・23日)厄病退散、家内安全、子授け、安産の御利益があるとされ、子どもの健やかな成長を見守る。
【大石神社】

📍京都府京都市山科区西野山桜ノ馬場町116
☏075-581-5645

大石内蔵助良雄公を祭神とする神社。
宝物殿には内蔵助ゆかりの品や歴代のポスターなどが展示されている。毎年、討ち入りのあった12月14日には義士まつりが盛大に行われる。
【牛尾山 法權寺】

📍京都市山科区音羽南谷1
☏075-595-3317

牛尾山宝嚴寺(本山修験宗)m清水寺の奥の院と言われている歴史あるお寺。境内には本堂、護摩堂の他、滝行が行える五智瀧、清水寺の名前の由来とされる霊水、金生水が湧きでている。
【諸羽神社】

📍京都府京都市山科区四ノ宮中在寺町17
☏075-581-0269

貞観4年(西暦862年)に創刊された古社。天児屋根命(あめのこやねのみこと)と天太天命(あめのふとだまのみこと)を祀る。あとに祭神が4神加わり両刃から諸羽へ改称したと伝えられている。
【日向大神宮】

📍京都府京都市山科区日ノ岡一切経谷町29
☏075-761-6639

第23代顕宗天皇の治世、勅願により筑紫日向の高千穂の嶺の神磧より神霊を移して創建された。現在は開運、厄除けの神社としても有名。
【将軍塚青龍殿】

📍京都府京都市山科区厨子奥花鳥町28
☏075-771-0390

奈良大仏殿のおよそ横幅半分の木造大建築物で、国宝 青不動(複製)を祀る青龍殿と平安遷都の折、桓武天皇が築かせた由緒ある将軍塚がある。東山山頂の展望台から京都全市街繁華街を眼下に見下ろす大パノラマは圧巻。

京都市 山科区 小野 椥辻 東野 の 不動産 なら 株式会社BEA(ベア)へ

ページの先頭へ